» 受け口(反対咬合・下顎前突)

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい

おいかわ矯正・小児歯科
大学通り沿い・ママと子どもの集う歯医者さん

健康保険各種取扱 小児歯科学会専門医 矯正歯科指導医・認定医

042-577-6472
10:00~12:00 / 14:00~17:00 休診:火曜/木曜/第2・4日曜/祝日
アクセス・地図 診療予約 お問い合わせ

歯並び別 矯正歯科 症例

歯並び別 矯正歯科 症例

2013/12/07

受け口(反対咬合・下顎前突)

Filed under: 歯並び別 矯正歯科 症例 — oikw

受け口の歯並び

通常、上の歯は下の歯をおおっていますが、受け口はそれが逆になっている状態で、「下顎前突」または「反対咬合」と呼びます。前歯だけでうまく噛めないだけでなく、聞き取りにくい発音になることもあります。

受け口には2通りの原因があります。

1つは機能性の受け口で、通常食べ物は奥歯で噛むものですが、上の前歯が内側に倒れていて、噛むときに下あごがその前歯に誘導されて前に出てきて、受け口になってしまう場合です。これをそのまま放置していると、下あごそのものが大きくなってしまうこともあります。

もう1つは、下あごの骨が上あごに比べて大きい、骨格のアンバランスによるものです。

治療は子どもの場合、あごの成長を利用できますが、大人はそれができません。受け口の程度が軽いなど、条件がそろえば矯正治療だけで治すことができますが、場合によっては大人になってから外科矯正治療が必要になることもあります。

国立駅南口の地図

JR中央線「国立」駅より徒歩10分
JR南武線「谷保」駅より徒歩10分

「桐朋学園」バス停より徒歩1分

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい
042-577-6472
10:00~12:00 / 14:00~17:00
休診:火曜/木曜/第2・4日曜/祝
診療予約 お問い合わせ

〒186-0002 東京都国立市東2-25-53
TEL:042-577-6472(虫歯無いように)

診療時間表

ページの先頭へ

おいかわ矯正・小児歯科 東京都国立市の歯科医院 谷保駅・国立駅の歯医者