» すきっ歯(空隙歯列・正中離開)

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい

おいかわ矯正・小児歯科
大学通り沿い・ママと子どもの集う歯医者さん

健康保険各種取扱 小児歯科学会専門医 矯正歯科指導医・認定医

042-577-6472
10:00~12:00 / 14:00~17:00 休診:火曜/木曜/第2・4日曜/祝日
アクセス・地図 診療予約 お問い合わせ

歯並び別 矯正歯科 症例

歯並び別 矯正歯科 症例

2013/12/07

すきっ歯(空隙歯列・正中離開)

Filed under: 歯並び別 矯正歯科 症例 — oikw

すきっ歯と言っても様々な要因のすきっ歯があります。

すきっ歯の症例

前歯の中央にあるすき間が正中離開(せいちゅうりかい)です。うわくちびるの裏にある上唇小帯(じょうしんしょうたい)と呼ばれる1本のヒダ状の帯が長いことが原因で前歯の間に隙間が生じるケースです。この場合はこの帯を外科処置する必要も出てきます。また、真ん中の歯と歯の間に余分な歯が埋まっているのが原因の場合もありますので、お子様の場合レントゲンで確認する必要があります。

乳歯時期のすきっ歯は発育の段階でできるものなので正常な状態です。逆に乳歯時期にすき間がないことのほうが、永久歯が生えるためのスペースがないので問題な場合があります。

全体的に歯にすき間がある場合が空隙歯列(くうげきしれつ)です。あごの大きさに対して歯が小さい場合、先天的に一部の歯が生えないで全体的な歯の本数が足りない場合、不正な咬み合わせが原因で起こる場合、成長期の癖(舌の動き・指しゃぶり・爪咬み・舌の大きさ等)が原因で起こる場合があります。

お子様の場合は成長とともに、自然と隙間がふさがってきますが、十分成長したにもかかわらず、すきっ歯が見られる場合は、早めの受診をおすすめいたします。

国立駅南口の地図

JR中央線「国立」駅より徒歩10分
JR南武線「谷保」駅より徒歩10分

「桐朋学園」バス停より徒歩1分

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい
042-577-6472
10:00~12:00 / 14:00~17:00
休診:火曜/木曜/第2・4日曜/祝
診療予約 お問い合わせ

〒186-0002 東京都国立市東2-25-53
TEL:042-577-6472(虫歯無いように)

診療時間表

ページの先頭へ

おいかわ矯正・小児歯科 東京都国立市の歯科医院 谷保駅・国立駅の歯医者