» 前歯が閉じない(開咬)

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい

おいかわ矯正・小児歯科
大学通り沿い・ママと子どもの集う歯医者さん

健康保険各種取扱 小児歯科学会専門医 矯正歯科指導医・認定医

042-577-6472
10:00~12:00 / 14:00~17:00 休診:火曜/木曜/第2・4日曜/祝日
アクセス・地図 診療予約 お問い合わせ

歯並び別 矯正歯科 症例

歯並び別 矯正歯科 症例

2013/12/07

前歯が閉じない(開咬)

Filed under: 歯並び別 矯正歯科 症例 — oikw

すきっ歯の症例

あごを閉じて上下の歯を噛んでも、前歯が噛みあわずに、上下の前歯の間にすき間が出来てしまう状態を開咬(かいこう)といいます。飲み込むときに舌で前歯を押したり、上下の前歯の間に舌を入れたりする癖によって起こりやすい不正咬合の一つです。また、前歯だけでなく、唇も開いた状態になることもあります。前歯で麺類などの食べ物を噛み切ることが出来ない他、「サ行」や「タ行」を発音しづらくなります。

開咬で問題となるのは、治療後の後戻りです。開咬が治ってもその原因となる舌の癖が改善されていなければ、また元通りになってしまいます。このため舌の訓練も必要になることがあります。

原因は生まれつきの骨格によるものの他、小児期に指しゃぶりが長く続いた場合や、舌を前歯に突き出す癖などが影響して起こります。

国立駅南口の地図

JR中央線「国立」駅より徒歩10分
JR南武線「谷保」駅より徒歩10分

「桐朋学園」バス停より徒歩1分

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい
042-577-6472
10:00~12:00 / 14:00~17:00
休診:火曜/木曜/第2・4日曜/祝
診療予約 お問い合わせ

〒186-0002 東京都国立市東2-25-53
TEL:042-577-6472(虫歯無いように)

診療時間表

ページの先頭へ

おいかわ矯正・小児歯科 東京都国立市の歯科医院 谷保駅・国立駅の歯医者